メガネを外した看護師さん

以前ボクは大きな病院でお掃除のアルバイトをしていた事があります。 その際は、なかなか仕事が上手くいかなくて常にアルバイトを早く辞めたいという気持ちしかありませんでした。 しかし、そんなある日のことボクは物凄く自分のストライクゾーンど真ん中の看護師さんを見つけてしまったのです。 決して華やかとはいえない、少し地味な雰囲気を漂わせていた看護師さん。

いろんな人達から可愛いと思われるタイプではありませんでしたが、とにかく物凄くボクの中ではアイドル的オーラを放っていたのです。 いま思い出すだけでも胸がキュンとなってしまうくらい、その看護師さんはボクにとって青春そのものといった感じの女性です。 ちなみに看護師さんはいつもメガネをかけておられました。 告白をしたくても、どうせ叶わない片思いだとわかっていたのでボクは憧れの看護師さんと(おはようございます)の挨拶をさせていただくだけで満足していたのです。 病院でのお掃除アルバイトをスタートさせてから約1年くらいが経過した頃、憧れの看護師さんはメガネを外して現場にやって来ました。 メガネをしている顔と、メガネを外した顔はかなり違っていたので、最初は大好きな看護師さんだとは気づかなかったボク。

しかし、とても美人な看護師さんはメガネを外すと更に美しい女性になってしまったのです。 看護師さんがメガネを外した理由はよくわかりませんが、その日から患者さんたちの間ではボクの好きな看護師さんが大人気になってしまいました。 今までは違う看護師さんを推していた患者さんたちも、みんなボクの好きな看護師さんに推し変してしまったのです。 なんだか自分だけのアイドルをみんなに取られてしまったような気がして非常に残念な気分になってしまったボク。 今では甘酸っぱい青春の思い出ですけどね。



Copyright (C) 2007-2014 [メガネを外した看護師さん]. All Rights Reserved.